歯科衛生士あるある&愚痴ブログ

歯科衛生士は愚痴がいっぱい。歯科衛生士あるあるに思わず共感! 辞めたいと思うことも多いけど、やっぱり天職だから転職で一発逆転を狙います! 共感した愚痴やあるあるから自分にぴったりの職場がわかるかも!?

歯科衛生士の仕事内容は?向いている人はこんな人!

歯科衛生士とは、どんな仕事をしているのでしょう?

まず、歯医者さんに行ったときに、歯科医さんの傍らで、口の中にたまったよだれを吸っている人を思い出すでしょう。

また、歯石をとるときは、歯医者さんではなく、一般的に、女性の方が処置してくれているかと思いますが、それもまた、歯科衛生士さんなのです。

さらに、歯科衛生士さんから、歯磨きの指導などを受けたことがある人もいるでしょう。

このように、歯医者さんで、患者の治療の補助や指導に当たっている人が歯科衛生士なのです。

歯科衛生士には、三大業務といわれるものがあります。

まずは、歯科予防処置と呼ばれるものです。

虫歯や歯周病を予防するために、歯石や歯垢を取り除いたりの口腔内清掃や、特に、子どもに行う虫歯予防として、フッ素などを塗ったり、奥歯の溝の深いところを薬で埋め、虫歯にかからなくするシーラント処置といった処置を行います。

これらの処置は、歯科医師と歯科衛生士しか行うことのできない仕事となっています。

次に、歯科保健指導があります。

虫歯や歯科疾患の予防のために、歯磨きを指導したり、食生活の改善などのアドバイスを行います。

そして、歯科診療補助があります。

歯科診療補助とは、歯科医師のかたわらで、指示に従いながら、歯科治療の一部を担当します。

歯科衛生士さんの優しい笑顔や声掛け、気遣いで、安心した患者さんも多いことでしょう。

このように、歯科衛生士には、歯科衛生士にしかできない仕事があるわけです。

そんな歯科衛生士さんには、どんな人が向いているのでしょう。

まず、患者さんの口の中をケアするということから、手先の器用さや細かい作業が好きな人が向いていると思う人が多いことでしょう。

もちろん、作業を行うための専門知識や技術も必要ですが、まずは、患者さんや歯科医師ときちんとコミュニケーションをとることができることが求められます。

また、歯科衛生士というのは、特に、診療所などで働く場合は、医師やほかのスタッフとの距離も非常に近いため、こういった方たちとうまくやっていくことも重要といえます。

いずれも、仕事をしていく上で、身についていくものでもあるので、何よりも、患者さんの歯の健康に携わりたいという強い気持ちが一番大切だといえるでしょう。