歯科衛生士あるある&愚痴ブログ

歯科衛生士は愚痴がいっぱい。歯科衛生士あるあるに思わず共感! 辞めたいと思うことも多いけど、やっぱり天職だから転職で一発逆転を狙います! 共感した愚痴やあるあるから自分にぴったりの職場がわかるかも!?

歯科衛生士の就職で気を付けたいこと

歯科衛生士は、患者の歯や口の中を預かるということもあり、責任もやり甲斐もある職業です。

歯医者の数は、今やコンビニよりも多いともいわれている中、歯科衛生士は不足しており、より優秀な歯科衛生士は、引手あまたとなっており、また、手に職をつけたいと、就職率100%ともいわれる、歯科衛生士を目指す人も増えてきているようです。

特に、同じ医師のサポートという立ち位置で、比較されやすい看護師と比較すれば、比較的、体力的にも、精神的にも、また、勤務体制的にも、楽だと言われており、その点でも、人気の職業といえそうです。

とはいえ、人を相手としていることや細かい作業なども求められるため、神経を使いますし、口腔内の安全のために、一時も気を緩めることができないため、気が抜けないという点では、看護師と共通です。

さらには、職場としては、歯科診療所が一般的で、中には、歯科衛生士としての仕事以外に、歯科医師の診察や治療の補助、さらに、受付や書類の整理、雑用までこなさなければならないところもあるようです。

また、職場の規模の小ささから、職員も少ないので、職場での人間関係が重要ともいわれています。

さらに、職場によって、給料や勤務体制が大きく変わる場合もあるので、しっかりと見極めて、就職することをオススメします。

最初から、自分にぴったりあった歯科医院で就職できればいいのですが、やはり、自分に合わない職場で無理して働くくらいなら、転職を考えてもよいかもしれません。

歯科衛生士は、いま、人材不足が近年大きな問題となっていますが、その分、就職先は、多くなっています。

また、高齢化社会となっており、より歯科医院の需要が増えていたり、また、福祉施設での歯科衛生士の需要の増えていたりと活躍の場は確実に増えています。

そのため、歯科衛生士の転職の場合であっても、選択肢も多く、まさに転職しやすい職業といえそうです。

歯科衛生士は、資格を持っていないとできない仕事です。

せっかくの資格をぜひ活用してくださいね。