歯科衛生士あるある&愚痴ブログ

歯科衛生士は愚痴がいっぱい。歯科衛生士あるあるに思わず共感! 辞めたいと思うことも多いけど、やっぱり天職だから転職で一発逆転を狙います! 共感した愚痴やあるあるから自分にぴったりの職場がわかるかも!?

歯科衛生士とは

歯科衛生士の就職で気を付けたいこと

歯科衛生士は、患者の歯や口の中を預かるということもあり、責任もやり甲斐もある職業です。 歯医者の数は、今やコンビニよりも多いともいわれている中、歯科衛生士は不足しており、より優秀な歯科衛生士は、引手あまたとなっており、また、手に職をつけたい…

歯科衛生士の仕事内容は?向いている人はこんな人!

歯科衛生士とは、どんな仕事をしているのでしょう? まず、歯医者さんに行ったときに、歯科医さんの傍らで、口の中にたまったよだれを吸っている人を思い出すでしょう。 また、歯石をとるときは、歯医者さんではなく、一般的に、女性の方が処置してくれてい…

歯科衛生士の仕事内容は?向いている人はこんな人!

歯科衛生士とは、どんな仕事をしているのでしょう? まず、歯医者さんに行ったときに、歯科医さんの傍らで、口の中にたまったよだれを吸っている人を思い出すでしょう。 また、歯石をとるときは、歯医者さんではなく、一般的に、女性の方が処置してくれてい…

歯科衛生士の歴史

歯科衛生士という職業は、比較的新しい職業で、第二次世界大戦後の、1947(昭和22年)に、日本の衛生面の改善を求め、アメリカの連合国軍総司令部(GHQ)の指導をもとに、保健所法の改正により、制定されました。 これ以前の昭和初期には、歯科医師の補助をして…

歯科衛生士として働く最大のメリットは?

歯科衛生士になるには、歯科衛生士育成機関を卒業し、国家試験に突破する必要があり、高い学費や勉強期間を要します。 しかし、その年収は、およそ300万円~400万円と、ほかの業種に比べても、正直いって、そんなに恵まれているとは言えない収入となっていま…

歯科衛生士の資格を持っていると就職は100%できる!?

歯科衛生士は国家資格です。歯科衛生士の養成機関を卒業、国家試験を合格すれば、すぐにでも、歯科診療所をはじめとする機関に就職することができます。 いまは、歯科衛生士不足なので、ほぼ100%就職することはできるでしょう。 一般的には、バブル崩壊後、…

歯科衛生士は人気のある職業なのか?

小さい頃、将来の夢は何ですか?という質問に、歯科衛生士という人はなかなかいないと思います。 せいぜいで、歯医者さんのお姉さんという人がいても、 歯科衛生士になるには、大学や短大、専門学校などの歯科衛生士養成機関に行く必要があります。 歯科衛生…

都道府県別歯科衛生士数は?どこの地域が少ない?

歯科衛生士は、全国的にどこでも、人手不足となっていますが、特に、歯科衛生士が不足している地域はどこでしょう。 まず、全国の都道府県別に、歯科衛生士の人数と、その都道府県の人口10万人当たりの歯科衛生士の人数をチェックしてみましょう。 歯科衛生…

歯科衛生士をとりまく現状は?就業者人数と年齢別割合は?

2016年(平成28年)末現在、全国の就業歯科衛生士数は123,831人と発表されました。 前回の調査が行われた2014年(平成26)年末の116,299人に比べて、7,532人増え、その割合は6.5%増加しました。 また、さらにその10年前の1994年(平成6)には、48,659人であり、20…