歯科衛生士あるある&愚痴ブログ

歯科衛生士は愚痴がいっぱい。歯科衛生士あるあるに思わず共感! 辞めたいと思うことも多いけど、やっぱり天職だから転職で一発逆転を狙います! 共感した愚痴やあるあるから自分にぴったりの職場がわかるかも!?

歯科衛生士の資格を持っていると就職は100%できる!?

歯科衛生士は国家資格です。歯科衛生士の養成機関を卒業、国家試験を合格すれば、すぐにでも、歯科診療所をはじめとする機関に就職することができます。

いまは、歯科衛生士不足なので、ほぼ100%就職することはできるでしょう。

一般的には、バブル崩壊後、さらに、2008年のリーマンショックと、ここ20年くらいは、常に、不景気で、就職もなかなかできないという就職難の時期が続きました。

いわゆる、1993年から2005年は就職氷河期、特に、2000年前後は、超就職氷河期ともいわれていたわけですが、そんなときでも、歯科衛生士は、高い求人率を誇ってきました。

就職氷河期といわれた2000年(平成12年)12月の一般職業の有効求人倍率は、0.66倍と、1倍をきっており、2018年(平成30年)11月の有効求人倍率の1.63倍と比べて、いかに就職難だったかがわかります。

また、2000年よりも低い求人率であった2003年(平成15年)8月の一般職業の有効求人倍率は0.63倍だったのに対し、歯科衛生士の求人倍率は、2003年(平成15年)でも、5.3倍もありました。

さらに、2018年度(平成30年)の歯科衛生士求人倍率は、21.0倍と、非常に高いものとなっています。

ですので、歯科衛生士は、就職できて当然といえるのです。

就職氷河期にかかわらず、いまでも、いわゆる有名大学を卒業しても、なかなか就職先が決まらないという学生も多く見られました。

何十通、中には、何百通ものエントリーシートや履歴書を書き、何十社もの企業説明会に参加し、そこから、ようやく何社か、試験、面接にこぎつけても、それでもなお、内定がもらえないという場合も多々あるのです。

それに対し、歯科衛生学生は、そこまで苦労して就職活動をする必要もなく、就職先を見つけることができるのです。

しかも、歯科衛生士の資格は、一度取得してしまえば、いつでも、どこでも就職することができます。

ですので、地元で就職したい、都会で就職したい、憧れの地で就職したい、といった場合でも、場所も自由に選ぶこともできます。

また、結婚で新しい土地にいったとしても、また、出産で、一度離職したとしても、また、どこででも職場復帰することができるのも歯科衛生士のメリットです。

このように、他の職業と比べると歯科衛生士は、住居による、就職や転職のハードルは格段に低いといえるのです。

まさに、歯科衛生士の資格を持っていれば、ほぼ100%の確率で職にありつけるといっても過言ではないようですね。